哲学とは、わたしたちが通常当たり前だと思っていること(自明なこと)からいったん身を引き離し、 「そもそもそれって何なのか」といった遡行的な問いを投げかけるところからはじまります。「てつがくカフェ@せんだい」では、 そのような問いを参加者どうしが共有し、「哲学的な対話」を とおして、自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験してもらうことを目的としています。
 他の参加者との「対話」のなかで、あらためて自分の考えに気づかされることはとても刺激的な体験だと思います。また、他人の考えにじっくりと耳を 傾ける機会の少ない私たちにとっては、このような<対話の場>を設けることそれ自体に大きな意味があるのではないでしょうか。
 これからも、仙台で/仙台から、どんどんおもしろい企画を展開していこうと考えています。

■スタッフ■
西村高宏  福井大学 医学部 准教授
      (専門分野:臨床哲学)
近田真美子 東日本大震災を〈考える〉ナースの会
東北福祉大学 健康科学部 講師
      (専門分野:精神看護学)
辻明典   福島県南相馬市立中学 講師(臨床哲学)
      てつがくカフェ@南相馬
三神真澄 (地域サービス業)
房内まどか(広告代理店関係)
綿引周   東北大学大学院(哲学)
橋本向子  東邦大学大学院(看護学)
渡部純   てつがくカフェ@ふくしま
      福島県立高校 教諭(倫理)
伊藤照手  (編集関係)
齋藤さかえ 東北大学 講師(理学)
千葉真澄  東北文化学園大学医療福祉学部
小松健一郎 (会社員)
木村涼子  東北文化学園大学 助教(母性看護学)
尾崎修一  (会社員)

一ノ瀬幸帆 ユースてつがくカフェ(東北学院大学文学部)
  
池田成一  てつがくカフェ@いわて
        岩手大学人文社会科学部 教授

奥山心一朗 てつがくカフェ@やまがた
        cherry music

栗原直以
しばたはる(さくら)

■募集■
一緒に「哲学カフェ」のスタッフとして活動してくださる方を募集しています。
関心のある方は西村 mmp0861*gmail.comまでご連絡ください。
(その際、*を@に変更してください)

■〈3.11以降〉読書会「震災を読み解くために」始動!■
現在、震災を読み解くための読書会を準備しています。
名前は「〈3.11以降〉読書会『震災を読み解くために』」です。
みなさんと〈読みの力〉を共有したいと考えています。
興味のある方は、philcfsendaiaw@gmail.com(綿引)までご連絡ください。

■お知らせ:新聞掲載等■
毎日新聞(2016年3月7日朝刊)で「てつがくカフェ@せんだい×とうきょう」の活動を取り上げていただきました。
医学書院「かんかん! 看護師のためのwebマガジン」で、連載「震災を〈看る〉? 対話をとおして専門性をほぐす」を始めました。
河北新報(2013年1月15日夕刊)で「考えるテーブル てつがくカフェ」の活動を取り上げていただきました。
『すばる』(集英社)(2012年12月号)「ひと」のコーナーに取り上げていただきました。
「てつがくカフェ@せんだい」の活動が、日本経済新聞(2012年5月9日)31面「不屈の東北人」で紹介されました。
共同通信社による「てつがくカフェ@せんだい」の記事(「ルポ・日本新景『國分功一郎さんと行く哲学カフェ 言葉を紡ぐ被災地の営み』」)が、沖縄タイムス、熊本日日新聞、中国新聞、四国新聞、福島民報、東奥新聞、河北新報などに紹介されました。
「てつがくカフェ@せんだい」の活動が、毎日新聞朝刊(2012年2月7日)に紹介されました。
「てつがくカフェ@いわて」の活動が、岩手日報(2011年12月11日)27面(特集面)に掲載されました。
「てつがくカフェ@せんだい」「てつがくカフェ@ふくしま」の活動が、毎日新聞・東京夕刊(2011年11月24日)朝日新聞(2011年5月30日)「リビング仙台2010年11月20日号(終面特集)」「仙台市 市政だより2010年10月号」に掲載されました(少しですが)。

■お知らせ:『ミルフイユ 04』(赤々舎)に掲載されました■

 震災後に初めて開催した「第1回考えるテーブル てつがくカフェ」(テーマは「死者に〈ことば〉をあてがうということ」)の模様が、『ミルフイユ 04』に掲載されました。

『ミルフイユ 04 / Mill-feuille 04』(1,575円)
アートディレクション:中島雄太
企画/発行:せんだいメディアテーク
発売:赤々舎
詳細は赤々舎さんのHPをご覧ください。全国の書店でも購入できます。

■お知らせ: World Association for Medical Law にエッセイを掲載!■

 World Association for Medical Law の Newsletter_Volume4 に、震災以降のてつがくカフェ@せんだいの活動を紹介したエッセイを書きました。
タイトルは、“The Earthquake Disaster is Trying Us : Thinking About the Disaster, Within the Disaster”です。5-7頁をご覧ください。


■お知らせ:第56回「考えるテーブル てつがくカフェ」開催間近!■

*今回は、2016年度せんだいメディアテーク自主企画展覧会「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」の関連イベントとして開催します。

テーマ:「展覧会『まっぷたつの風景』から『明日』を問う」
日時:2016年12月25日(日曜日)14:00〜17:00
場所:せんだいメディアテーク 6f ギャラリー4200
ファシリテータ:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)
対象:どなたでもご参加いただけます。
  展覧会チケットの半券の提示でご参加いただけます。
  参加無料、申込不要、直接会場へ
問合せ:office@smt.city.sendai.jp(せんだいメディアテーク)
主催:せんだいメディアテーク、てつがくカフェ@せんだい
助成:一般財団法人 地域創造

《今回の問いかけ》
 「大津波や原発事故をもし『未曽有の出来事』と言うなら、それに対しては『未曽有の物言い』が用意されなければならないはずだ」。
『陸前高田2011-2014』155頁
 「未曽有」なのだから、当然それは、これまでの古さ/新しさを決定していた基準や言葉遣いさえも超えた、さらには「良い悪い、正しい正しくないすら『わからない』ような『未知の方角』」に向けて歩み出していかなければならない。まさにそれは、これまでの「物言い」では到底たどり着くことができないような、 「明日」というものに向けて歩み出していくことにほかならないのだ。
 畠山直哉は、写真集『陸前高田』のなかでそのような趣旨のことを記しています。とはいえ、「未曽有の物言い」によってしかたどりつけない「明日」 とは果たしてどのようなものなのでしょうか。それは、〈未来〉や〈将来〉とも異なる次元のものなのでしょうか。また、 いまそれを問い直すことにどのような意味があるのでしょうか。 この「てつがくカフェ」では、畠山のこの問題意識をもとに、震災以降を生きるわたしたちにとっての「明日」を考えます。
 しかし、それが相当過酷な作業になることは間違いなさそうです。なぜなら、この対話の場では、これまでわたしたちが大事にしてきた価値基準そのものが疑問に付され、留保され、問いの俎上に挙げられ、無効にされてしまうからです。つまり、震災以前のわたしたちの「物言い」や価値基準に頼ることは許されないということです。ならば、この「明日」を問うという作業は、震災によって壊れ、失ったものを再びこれまでの基準に則ってもとの状態に戻すという、いわゆる〈復興〉の姿を問うこととは決定的に異なるものになるはずです。畠山氏の言う「未曽有の物言い」が孕んでいる困難さは、 まさにこの営みのなかにこそ横たわっていると言えるでしょう。そのことを、畠山は次のように表現しています。
 「そもそも『未曽有』とは、過去に類例がないもののことであるのだから、古い新しいの規準すら、役に立たないはずで、 だから『未曽有の物言い』とは、ひょっとして僕らには奇妙で理解しにくいものであるかもしれず、今までのような、 歴史の先端に出来事を登記するようなタイプの、あのよくある『新しさ』とは、無縁なものになる可能性がある。」(同前)  わたしたちは、この困難さの前で立ち尽くしてしまいそうです。しかし、先に挙げた文章に続いて、畠山はすぐさま次の言葉を続けています。
 「いずれにしろ僕には、それを受け入れる準備はできている。時間や歴史の感覚は、僕の中ではもうすでに粉々なのだから。」(同前)
 わたしたちもまた、畠山の後を追い、「時間や歴史の感覚が粉々になった」ところから〈対話〉を始めたいと思います。みなさまのご参加、心よりお待ちしています。
西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)

■お知らせ:第54回「考えるテーブル てつがくカフェ」終了しました■

テーマ:映画『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』から考える(シネマ)
 *今回は、2016年度せんだいメディアテーク自主企画展覧会「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」の関連イベントとして、ひとつの映画を通じて対話するてつがくカフェを開きます。

日時:2016年11月19日(土曜日)14:45〜17:15
場所:せんだいメディアテーク 6f ギャラリー4200
ファシリテータ:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)
定員:先着60名
対象:どなたでもご参加いただけます。
参加無料、申込不要、直接会場へ
問合せ:office*smt.city.sendai.jp(せんだいメディアテーク)
   (その際、*を@に変更してください)
主催:せんだいメディアテーク、てつがくカフェ@せんだい
助成:一般財団法人 地域創造
*展覧会チケットまたは上映チケットの半券の提示でご参加いただけます。
 下記映像をご覧いただき、ご参加ください。

《映画『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』上映情報》
「シネマてつがくカフェ」開催前に、映画『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』を上映します。
◆ 監督・撮影・編集:畠山容平/2015 年/日本/87分
◆ 日時:2016 年 11 月 19 日(土)13:00-14:30(15分前開場)
◆ 場所:せんだいメディアテーク 7f スタジオシアター
◆ 料金:当日券のみ
    一般500円(大学生・専門学校生含む)
    高校生以下無料
   (豊齢カード、障害者手帳をお持ちの方は半額)

『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』
 写真家・畠山直哉は、石灰石鉱山での岩石の発破の瞬間や暗渠の空間、連々とそびえるビル群などをとらえた作品を国内外で発表し、 自然と人との見えざる繋がりを提示してきた。
 畠山は東日本大震災で故郷を津波に流され、母を亡くして以来、足繁く故郷へ戻り、変わりゆく風景を撮り続けている。 なぜ撮り続けるのか? その眼差しは何に向けられているのか? 本作は、ひとりの写真家としての畠山の姿を追う。
============================
2016年度せんだいメディアテーク自主企画展覧会
「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」
陸前高田市出身の写真家・畠山直哉が取り組む「風景」に着目した展覧会。
初期から現在までの作品群と対話の場を通じて、「風景」が持つ二面性や両義性、畠山の表現と現在の私たちの社会との関係性を探ります。
詳細はこちら

■お知らせ:「てつがくカフェ@せんだい」、久しぶりに街中で開催!■

テーマ:「〈異なる他人〉とのつきあい方」
日時:2016年11月20日(日曜日)15:30〜17:30
場所:仙台市市民活動サポートセンター研修室2
ファシリテータ:齋藤さかえ(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:三神真澄(てつがくカフェ@せんだい)
対象:どなたでもご参加いただけます。
参加無料、申込不要、直接会場へ
問合せ:sc2philos-cafe*yahoo.co.jp(齋藤まで)
   (その際、*を@に変更してください)
主催:てつがくカフェ@せんだい

《今回の問いかけ》
 ともだちでも家族でも、価値観の違うひとや考え方の異なるひとはいる。
「そういう考え方があってもいいよね。私とは違うけど。」
 いつも相手を批判してはいないけれど、私は本当に相手を受け入れているのだろうか? てつがくカフェでじっくり考えてみたいと思います。(文責:齋藤さかえ)


■お知らせ:〈3.11以降〉読書会 再始動!■

 これまで「てつがくカフェ@せんだい」では、震災という〈出来事〉を対話のなかで語り直す場を拓いてきました。今後は、それらの対話のなかで見出された〈ことば〉や〈語り〉を、 震災を読み解くための「読書会」を開催することでさらに逞しくしていけたらと考えています。 〈読み〉の力を共有しませんか。皆様、是非ご参加ください。

課題本:森一郎『死を超えるもの  3・11以後の哲学の可能性』(東京大学出版会)
日時:調整中
場所:カフェ ド ギャルソン
   (宮城県仙台市青葉区国分町3-2-2 おいかわビル 2F)
問い合わせ先:E-mail philcfsendaiaw@gmail.com(綿引まで)
facebook:https://www.facebook.com/events/1109288952480235/
主催:てつがくカフェ@せんだい

◇この読書会について◇
 〈3.11以降〉読書会「震災を読み解くために」は、あるひとつの本を取り上げ、それを参加者みんなで一緒に読んでいくものです。 この読書会では、他の人々と共に読むということを最大限活かし、一つの本に対する人々の多様な「読み方」を大切にします。そうして参加者どうしが協力し合い、触発し合って、 〈震災〉という出来事を――それを直接に扱う「震災関連書」を一人で読むだけでは辿りつけないようなところまで――深く「読み解く」ことができるような場でありたいと願っています。