哲学とは、わたしたちが通常当たり前だと思っていること(自明なこと)からいったん身を引き離し、 「そもそもそれって何なのか」といった遡行的な問いを投げかけるところからはじまります。「てつがくカフェ@せんだい」では、 そのような問いを参加者どうしが共有し、「哲学的な対話」を とおして、自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験してもらうことを目的としています。
 他の参加者との「対話」のなかで、あらためて自分の考えに気づかされることはとても刺激的な体験だと思います。また、他人の考えにじっくりと耳を 傾ける機会の少ない私たちにとっては、このような<対話の場>を設けることそれ自体に大きな意味があるのではないでしょうか。
 これからも、仙台で/仙台から、どんどんおもしろい企画を展開していこうと考えています。

■スタッフ■
西村高宏  福井大学 医学部 准教授
      (専門分野:臨床哲学)
近田真美子 東日本大震災を〈考える〉ナースの会
東北福祉大学 健康科学部 講師
      (専門分野:精神看護学)
辻明典   福島県南相馬市立中学 講師(臨床哲学)
      てつがくカフェ@南相馬
三神真澄 (地域サービス業)
房内まどか(広告代理店関係)
綿引周   東北大学大学院(哲学)
菅原翔平  東北大学理学部
橋本向子  東邦大学大学院(看護学)
渡部純   てつがくカフェ@ふくしま
      福島県立高校 教諭(倫理)
伊藤照手  (編集関係)
齋藤さかえ 東北大学 講師(理学)
千葉真澄  東北文化学園大学医療福祉学部
小松健一郎 (会社員)
木村涼子  東北文化学園大学 助教(母性看護学)

一ノ瀬幸帆 ユースてつがくカフェ(東北学院大学文学部)
  
池田成一  てつがくカフェ@いわて
        岩手大学人文社会科学部 教授
加賀谷昭子 てつがくカフェ@いわて

奥山心一朗 てつがくカフェ@やまがた
        cherry music

栗原直以  てつがくカフェ@さいたま
      てつがくカフェ@せんだい×とうきょう
しばたはる(さくら)てつがくカフェ@せんだい×とうきょう

■募集■
一緒に「哲学カフェ」のスタッフとして活動してくださる方を募集しています。
関心のある方は西村 mmp0861*gmail.comまでご連絡ください。
(その際、*を@に変更してください)

■〈3.11以降〉読書会「震災を読み解くために」始動!■
現在、震災を読み解くための読書会を準備しています。
名前は「〈3.11以降〉読書会『震災を読み解くために』」です。
みなさんと〈読みの力〉を共有したいと考えています。
興味のある方は、philcfsendaiaw@gmail.com(綿引)までご連絡ください。

■お知らせ:新聞掲載等■
毎日新聞(2016年3月7日朝刊)で「てつがくカフェ@せんだい×とうきょう」の活動を取り上げていただきました。
医学書院「かんかん! 看護師のためのwebマガジン」で、連載「震災を〈看る〉? 対話をとおして専門性をほぐす」を始めました。
河北新報(2013年1月15日夕刊)で「考えるテーブル てつがくカフェ」の活動を取り上げていただきました。
『すばる』(集英社)(2012年12月号)「ひと」のコーナーに取り上げていただきました。
「てつがくカフェ@せんだい」の活動が、日本経済新聞(2012年5月9日)31面「不屈の東北人」で紹介されました。
共同通信社による「てつがくカフェ@せんだい」の記事(「ルポ・日本新景『國分功一郎さんと行く哲学カフェ 言葉を紡ぐ被災地の営み』」)が、沖縄タイムス、熊本日日新聞、中国新聞、四国新聞、福島民報、東奥新聞、河北新報などに紹介されました。
「てつがくカフェ@せんだい」の活動が、毎日新聞朝刊(2012年2月7日)に紹介されました。
「てつがくカフェ@いわて」の活動が、岩手日報(2011年12月11日)27面(特集面)に掲載されました。
「てつがくカフェ@せんだい」「てつがくカフェ@ふくしま」の活動が、毎日新聞・東京夕刊(2011年11月24日)朝日新聞(2011年5月30日)「リビング仙台2010年11月20日号(終面特集)」「仙台市 市政だより2010年10月号」に掲載されました(少しですが)。

■お知らせ:『ミルフイユ 04』(赤々舎)に掲載されました■

 震災後に初めて開催した「第1回考えるテーブル てつがくカフェ」(テーマは「死者に〈ことば〉をあてがうということ」)の模様が、『ミルフイユ 04』に掲載されました。

『ミルフイユ 04 / Mill-feuille 04』(1,575円)
アートディレクション:中島雄太
企画/発行:せんだいメディアテーク
発売:赤々舎
詳細は赤々舎さんのHPをご覧ください。全国の書店でも購入できます。

■お知らせ: World Association for Medical Law にエッセイを掲載!■

 World Association for Medical Law の Newsletter_Volume4 に、震災以降のてつがくカフェ@せんだいの活動を紹介したエッセイを書きました。
タイトルは、“The Earthquake Disaster is Trying Us : Thinking About the Disaster, Within the Disaster”です。5-7頁をご覧ください。


■お知らせ:第52回「考えるテーブル てつがくカフェ」開催決定!■

テーマ:「安全を決めるのは、何/誰か?」(要約筆記つき)
日時:2016年7月31日(日曜日)15:00〜17:30
場所:せんだいメディアテーク 1f オープンスクエア
ファシリテータ:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)
対象:どなたでもご参加いただけます。
参加無料、申込不要、直接会場へ
問合せ:mmp0861*gmail.com(西村まで)
   (その際、*を@に変更してください)
主催:せんだいメディアテーク、てつがくカフェ@せんだい
助成:一般財団法人 地域創造

《今回の問いかけ》
 「想定外」と称された福島第一原発事故から5年が経過しました。
 この事故は、存在も影響も見えにくい放射能に対する私たちの不安を一気に高め、原子力発電所は果たして「安全」 に稼働することが可能なのか、エネルギーという課題にどう向き合っていけば良いのかという大きな問いをもたらしました。 そして、「安全」そのものについても、再度、立ち止まって考える機会を与えてくれました。  例えば、国が定めた「安全基準」というラインに達していれば、「安全」と言えるのでしょうか。科学者が、 科学的に正しいと述べれば「安全」なのでしょうか。専門家が、統計的な有意差が無いので直ちに健康への影響は無いと言えば 「安全」なのでしょうか。
 一方で、「安全」と言われても「安心」できないのは、専門的な知識が不足しているからなのでしょうか。 「知識」があれば、正しく判断して安心することができるのでしょうか。 それとも、発言者の属性により「安全」や「安心」の内容は変わってくるのでしょうか。そうであれば、これは「信頼」の問題とも 言えそうです。「安全」と「安心」はどのような関係にあるのでしょうか。考えれば考えるほど新たな問いが生まれてきます。  そこで、今回は、原発事故をめぐり大きく揺らいだ「安全」という言葉に焦点をあてたいと思います。 賛成/反対といった二項対立の議論ではなく、今一度、立ち止まって、そもそも「安全」とはなんなのか、そして、 それは誰が決めるものなのか、じっくりと考えてみたいと思います。近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)

■お知らせ:水戸芸術館にて「てつがくカフェ」開催(終了しました)■

*水戸芸術館で開催中の展覧会「田中功起 共にいることの可能性、その試み」との関連プログラムとしてお邪魔します。
テーマ:「共にいることの可能性、その平等、その学び」
日時:2016年5月14日(土曜日)14:00〜17:00
場所:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
ファシリテータ:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(同上)
定員:40名(当日先着順)
対象:どなたでもご参加いただけます(入退場自由、途中休憩あり)
参加費:展覧会入場料に含まれます
主催:水戸芸術館現代美術センター
*詳細は公式サイトをご覧ください。

 さまざまな反響を呼んでいる展覧会「田中功起 共にいることの可能性、その試み」の会期最後に、ギャラリー内の会場にて、鑑賞者のみなさんに開かれた<対話>の場が設けられます。
 展覧会を観て感じ・考えたことを、ふだんはひとりで持ち帰ったり、一緒に来た友人と語り合ったりしますが、ここではそれをパブリックに共有する場を開きたいと思います。
 本展で探求されている「共にいることの可能性」について、見知らぬ者同士である鑑賞者のみなさんが<対話>をする機会。それは「教える/教えられる」という関係とは異なる、 対等な知を試みる現場になるかもしれません。
 仙台を中心に、各地で「てつがくカフェ」を実践している西村高宏氏と近田真美子氏が、対話の進行役を担い、出品作家の田中功起も参加者の一人として対話に参加します。
 展覧会と隣り合わせの本会場は、この企画にあわせて鑑賞の合間にコーヒーを飲みながらお過ごしいただける休憩所となります。途中の入退場は自由ですので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

■お知らせ:第51回「考えるテーブル てつがくカフェ」(終了しました)■

テーマ:「被災地で/から、広域避難者の今を考える」
日時:2016年5月29日(日曜日)15:30〜17:30
場所:せんだいメディアテーク 7f スタジオa
ファシリテータ:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)
対象:どなたでもご参加いただけます。
参加無料、申込不要、直接会場へ
問合せ:mmp0861*gmail.com(西村まで)
   (その際、*を@に変更してください)
主催:せんだいメディアテーク、てつがくカフェ@せんだい
助成:一般財団法人 地域創造

《今回の問いかけ》
 復興庁の報告(「全国の避難者等の数」平成28年3月29日)によれば、いまだに約17万1千人の方が、東日本大震災により、 「(広域)避難」という状況に置かれています。そのなかには、もはや帰りたくても帰る場所がないなど、「元」の生活に戻ることを断念なさった方々もおられるでしょう。あるいは、帰れるけれども、避難してしまったことに対する後ろめたさもあって、なかなか帰りづらい、と感じている方もおられるかもしれません。
 以前、北海道に広域避難された方々とともに「てつがくカフェ」を行う機会がありました。 そこでは、〈支援される立場〉である「避難者」という立ち位置をみずから解いて、そこに住みつくことを決心することで、 逆に、避難を余儀なくされておられる方々を〈支援する立場〉へと、自分の立ち位置を移されたスタッフの方にお会いしました。 その方は、避難しているときの〈自分〉の佇まいの不安定さや、またその不安定さを嫌ってみずから「避難者である」ことを辞める決断 をしたときの辛さ、戸惑いなどについてさまざまな切り口からじっくりと、 しかも自分の放つ言葉のひとつひとつを丁寧に確認するように発言されておられました。
 (広域)避難者を受け入れている地域や自治体は国内にたくさんあります。おなじく復興庁の報告によれば、平成28年3月10日現在で、 全国47都道府県、1,138の市区町村が避難者を受け入れているそうです。 そこでは、その地域ごとに、さまざまな仕方で避難者を受け入れようとする試みが行われていると聞きます。 〈受け入れる〉ためには、まずは避難者が今どのような思いを抱いているのかについてしっかりと〈寄り添おうとする構え〉が欠かせません。そういった営みを維持していくことは、とても大変なことだと思います。
 しかしながら、被災地では、広域避難を余儀なくされておられる方々が今どのような〈問題〉を抱え、 また被災地に対してどのような〈思い〉を抱き続けているのかについて〈寄り添う〉機会が少ないような気がします。 だからでしょうか、そういった広域避難者の方々を取り巻く状況に対する想像力も、思いのほか希薄な気さえします。
 そこで、今回の「考えるテーブル てつがくカフェ」では、あまりガチガチの「テツガク」に踏み込まずに、広域避難者の方々 に対する想像力を鍛えるといった切り口に試みの比重を少し移して、避難者を取り巻く〈問題〉や、そこで抱えておられる〈思い〉を参加者どうしの対話をとおして丁寧に手繰り寄せ、じっくりと応えてみたいと思います。「被災地で/から、広域避難者の今を考える」。それは、「広域避難」というあり方をとおして、逆に、被災地が今抱えている〈問題〉を際立たせる試みなのかもしれません。みなさま、ぜひご参加ください。 西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)

■お知らせ:〈3.11以降〉読書会 再始動!■

 これまで「てつがくカフェ@せんだい」では、震災という〈出来事〉を対話のなかで語り直す場を拓いてきました。今後は、それらの対話のなかで見出された〈ことば〉や〈語り〉を、 震災を読み解くための「読書会」を開催することでさらに逞しくしていけたらと考えています。 〈読み〉の力を共有しませんか。皆様、是非ご参加ください。

課題本:森一郎『死を超えるもの  3・11以後の哲学の可能性』(東京大学出版会)
日時:8月28日(日)12時30分から15時まで
場所:カフェ ド ギャルソン
   (宮城県仙台市青葉区国分町3-2-2 おいかわビル 2F)
  *次回は、はじめに7月の読書会を簡単に振り返ったあと、第三章「建てること、住むこと、考えること」の第5節から読んでいく予定です。
問い合わせ先:E-mail philcfsendaiaw@gmail.com(綿引まで)
facebook:https://www.facebook.com/events/1050684021694776/
主催:てつがくカフェ@せんだい

◇この読書会について◇
 〈3.11以降〉読書会「震災を読み解くために」は、あるひとつの本を取り上げ、それを参加者みんなで一緒に読んでいくものです。 この読書会では、他の人々と共に読むということを最大限活かし、一つの本に対する人々の多様な「読み方」を大切にします。そうして参加者どうしが協力し合い、触発し合って、 〈震災〉という出来事を――それを直接に扱う「震災関連書」を一人で読むだけでは辿りつけないようなところまで――深く「読み解く」ことができるような場でありたいと願っています。