哲学とは、わたしたちが通常当たり前だと思っていること(自明なこと)からいったん身を引き離し、 「そもそもそれって何なのか」といった遡行的な問いを投げかけるところからはじまります。「てつがくカフェ@せんだい」では、 そのような問いを参加者どうしが共有し、「哲学的な対話」を とおして、自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験してもらうことを目的としています。
 他の参加者との「対話」のなかで、あらためて自分の考えに気づかされることはとても刺激的な体験だと思います。また、他人の考えにじっくりと耳を 傾ける機会の少ない私たちにとっては、このような<対話の場>を設けることそれ自体に大きな意味があるのではないでしょうか。
 これからも、仙台で/仙台から、どんどんおもしろい企画を展開していこうと考えています。

■スタッフ■
西村高宏  福井大学 医学部 准教授
      (専門分野:臨床哲学)
近田真美子 東日本大震災を〈考える〉ナースの会
福井医療大学 看護学科 准教授
      (専門分野:精神看護学)
辻明典   福島県南相馬市立中学 講師(臨床哲学)
      てつがくカフェ@南相馬
三神真澄 (地域サービス業)
房内まどか(広告代理店関係)
綿引周   東北大学大学院(哲学)
橋本向子  東邦大学大学院修了(看護学)
伊藤照手  (編集関係)
齋藤さかえ 東北大学 講師(理学)
千葉真澄  (社会福祉関係)
小松健一郎 (会社員)
木村涼子  東北文化学園大学 助教(母性看護学)
尾崎修一  (会社員)

一ノ瀬幸帆 ユースてつがくカフェ(東北学院大学文学部)
  
池田成一  てつがくカフェ@いわて
        岩手大学人文社会科学部 教授

奥山心一朗 てつがくカフェ@やまがた
        cherry music

てつがくカフェ@ふくしま

【関東方面】
栗原直以
しばたはる(さくら)

■募集■
一緒に「哲学カフェ」のスタッフとして活動してくださる方を募集しています。
関心のある方は西村 mmp0861*gmail.comまでご連絡ください。
(その際、*を@に変更してください)

■〈3.11以降〉読書会「震災を読み解くために」始動!■
現在、震災を読み解くための読書会を準備しています。
名前は「〈3.11以降〉読書会『震災を読み解くために』」です。
みなさんと〈読みの力〉を共有したいと考えています。
興味のある方は、philcfsendaiaw@gmail.com(綿引)までご連絡ください。

■お知らせ:新聞掲載等■
毎日新聞(2016年3月7日朝刊)で「てつがくカフェ@せんだい×とうきょう」の活動を取り上げていただきました。
医学書院「かんかん! 看護師のためのwebマガジン」で、連載「震災を〈看る〉? 対話をとおして専門性をほぐす」を始めました。
河北新報(2013年1月15日夕刊)で「考えるテーブル てつがくカフェ」の活動を取り上げていただきました。
『すばる』(集英社)(2012年12月号)「ひと」のコーナーに取り上げていただきました。
「てつがくカフェ@せんだい」の活動が、日本経済新聞(2012年5月9日)31面「不屈の東北人」で紹介されました。
共同通信社による「てつがくカフェ@せんだい」の記事(「ルポ・日本新景『國分功一郎さんと行く哲学カフェ 言葉を紡ぐ被災地の営み』」)が、沖縄タイムス、熊本日日新聞、中国新聞、四国新聞、福島民報、東奥新聞、河北新報などに紹介されました。
「てつがくカフェ@せんだい」の活動が、毎日新聞朝刊(2012年2月7日)に紹介されました。
「てつがくカフェ@いわて」の活動が、岩手日報(2011年12月11日)27面(特集面)に掲載されました。
「てつがくカフェ@せんだい」「てつがくカフェ@ふくしま」の活動が、毎日新聞・東京夕刊(2011年11月24日)朝日新聞(2011年5月30日)「リビング仙台2010年11月20日号(終面特集)」「仙台市 市政だより2010年10月号」に掲載されました(少しですが)。

■お知らせ:『ミルフイユ 04』(赤々舎)に掲載されました■

 震災後に初めて開催した「第1回考えるテーブル てつがくカフェ」(テーマは「死者に〈ことば〉をあてがうということ」)の模様が、『ミルフイユ 04』に掲載されました。

『ミルフイユ 04 / Mill-feuille 04』(1,575円)
アートディレクション:中島雄太
企画/発行:せんだいメディアテーク
発売:赤々舎
詳細は赤々舎さんのHPをご覧ください。全国の書店でも購入できます。

■お知らせ: World Association for Medical Law にエッセイを掲載!■

 World Association for Medical Law の Newsletter_Volume4 に、震災以降のてつがくカフェ@せんだいの活動を紹介したエッセイを書きました。
タイトルは、“The Earthquake Disaster is Trying Us : Thinking About the Disaster, Within the Disaster”です。5-7頁をご覧ください。


■お知らせ:第60回「考えるテーブル てつがくカフェ」開催決定!■

テーマ:「心の復興」を問い直す
日時:2017年5月4日(木曜日・祝日)15:00〜17:30
場所:せんだいメディアテーク 1f オープンスクエア
ファシリテータ:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)
対象:どなたでもご参加いただけます。
参加無料、申込不要、直接会場へ
問合せ:0861*gmail.com(てつがくカフェ@せんだい 西村)
   (その際、*を@に変更してください)
主催:せんだいメディアテーク、てつがくカフェ@せんだい
助成:一般財団法人 地域創造

《今回の問いかけ》
  復興庁は、平成28年度より、「被災者支援総合事業」のうちに新たに「心の復興事業」をくわえ、法人だけでなく、 幅広くさまざまな地域活動を行なっている団体から交付金の申請を受け付け始めています。
  復興庁によれば、本事業は「東日本大震災に伴う避難生活の長期化や、災害公営住宅等への移転など、被災者を取り巻く生活環境 が変化する中で、被災者が安定的な日常生活を営むことができるように、 被災者の円滑な住宅・生活再建の支援、心身のケア、生きがいづくりによる『心の復興』や、 コミュニティ形成の促進等の各地域の復興の進展に伴う課題に対応した支援活動の実施に必要な施策を総合的 に支援することを目的」としており、被災地住民の医療や教育、さらには居住環境の整備といったインフラ面で の復興とは異なった、いわゆる「生きがいづくり」などの「心の問題」にいっそう照準が絞られた復興事業と言えます。 これまで採択された事業活動を見てみると、とくに、古くからその地域に伝わってきた祭りや民俗芸能の再興やその継承に関わるような 、「文化・芸術」を切り口としたプロジェクトやワークショプなどが目につきます。
  ここで言われる「心の復興」が何を意味するのか、またそのためにどういった事業内容が選ばれているのか、 なんとなくですが理解することができます。しかし、そもそも「心の復興」とは何か、 また、なにゆえにそれがいま求められるのかをあらためて問われると、結構こたえに困るものです。 はたして、「心が復興する」とはどのような状態を指すのでしょうか。それは、 さまざまな「事業」というかたちをとおして、外部から後押しされて進められていく類のものなのでしょうか。 「心の復興」について緩やかに共有されているイメージや前提を解きはらい、 いま一度、そのことの意味や意義について問い直します。 (てつがくカフェ@せんだい 西村高宏)

■お知らせ:「書評カフェ」開催決定!■

取り扱う本:こうの史代『この世界の片隅に』(アクションコミックス)
日時:2017年4月30日(日曜日)15:00〜17:00
場所:カフェドギャルソン(仙台市青葉区国分町3-2-2 おいかわビル 2F)
評者:安田義人
対象:どなたでもご参加いただけます。
要予約。定員8名
予約・問合せ:cocomo098*yahoo.co.jp(三神まで)
(その際、*を@に変更してください)
主催:てつがくカフェ@せんだい

 評者からの案内
 「普通じゃのう、お前はほんまに普通じゃのう」
 普通が普通でなかった時代に一人の少女は否が応でも戦禍に巻き込まれていく...
 今回は戦争文学に新たな視線を投げかけた、こうの史代『この世界の片隅に(上・中・下巻)』を扱います。 作中、無言を意味する「・・・」が頻繁に登場します。 またペンの種類を意図的に変えている箇所も多数あります。こういった作品細部を読み取ることから出発し、 本作品のより深い意味や意義について対話を通し理解を深めてい きたいと思います。 (文責:安田義人)

■お知らせ:国際センターで「てつがくカフェ」開催!■

テーマ:その場で決めます
日時:2017年4月29日(土曜日・祝日)14:00〜16:00
場所:地下鉄東西線国際センター駅2階 青葉の風テラス
ファシリテータ:綿引周(てつがくカフェ@せんだい)
グラフィック:齋藤さかえ(てつがくカフェ@せんだい)
対象:どなたでもご参加いただけます。
事前申し込み不要。そのまま会場にお越しください。
問合せ:sc2philos-cafe*yahoo.co.jp(斎藤まで)
  (その際、*を@に変更してください)
主催:てつがくカフェ@せんだい

 今回のてつがくカフェでは、当日、集まったひとで話し合ってテーマを決め、それについて哲学的に考えていきます。
「これについて考えてみたい」という問いを用意してきてください。もちろん、とくにそのような問いがなくとも、対話を聞くだけでも、来ていただいて構いません。 綿引周(てつがくカフェ@せんだい)

■お知らせ:〈3.11以降〉読書会 再始動!■

 これまで「てつがくカフェ@せんだい」では、震災という〈出来事〉を対話のなかで語り直す場を拓いてきました。今後は、それらの対話のなかで見出された〈ことば〉や〈語り〉を、 震災を読み解くための「読書会」を開催することでさらに逞しくしていけたらと考えています。 〈読み〉の力を共有しませんか。皆様、是非ご参加ください。

課題本:森一郎『死を超えるもの  3・11以後の哲学の可能性』(東京大学出版会)
日時:2017年3月20日(月曜日・祝日)16:00〜18:30

場所:カフェ ド ギャルソン
   (宮城県仙台市青葉区国分町3-2-2 おいかわビル 2F)
問い合わせ先:E-mail philcfsendaiaw@gmail.com(綿引まで)
facebook:https://www.facebook.com/events/1188805147834755/
主催:てつがくカフェ@せんだい

◇この読書会について◇
 〈3.11以降〉読書会「震災を読み解くために」は、あるひとつの本を取り上げ、それを参加者みんなで一緒に読んでいくものです。 この読書会では、他の人々と共に読むということを最大限活かし、一つの本に対する人々の多様な「読み方」を大切にします。そうして参加者どうしが協力し合い、触発し合って、 〈震災〉という出来事を――それを直接に扱う「震災関連書」を一人で読むだけでは辿りつけないようなところまで――深く「読み解く」ことができるような場でありたいと願っています。