哲学とは、わたしたちが通常当たり前だと思っていること(自明なこと)からいったん身を引き離し、 「そもそもそれって何なのか」といった遡行的な問いを投げかけるところからはじまります。「てつがくカフェ@せんだい」では、 そのような問いを参加者どうしが共有し、「哲学的な対話」を とおして、自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験してもらうことを目的としています。
 他の参加者との「対話」のなかで、あらためて自分の考えに気づかされることはとても刺激的な体験だと思います。また、他人の考えにじっくりと耳を 傾ける機会の少ない私たちにとっては、このような<対話の場>を設けることそれ自体に大きな意味があるのではないでしょうか。
 これからも、仙台で/仙台から、どんどんおもしろい企画を展開していこうと考えています。

■スタッフ■
西村高宏  福井大学 医学部 准教授
      (専門分野:臨床哲学)
近田真美子 福井医療大学 看護学科 准教授
      (専門分野:精神看護学)
辻明典   福島県 養護学校教員(臨床哲学)
      てつがくカフェ@南相馬
三神真澄 (地域サービス業)
綿引周   東北大学大学院(哲学)
齋藤さかえ 東北大学 講師(理学)
宮川以子 (アート・編集関係)
房内まどか(広告代理店関係)
橋本向子  東邦大学大学院修了(看護学)
伊藤照手  (編集関係)
千葉真澄  (社会福祉関係)
小松健一郎 (会社員)
木村涼子  東北文化学園大学 助教(母性看護学)
尾崎修一  (会社員)

一ノ瀬幸帆 ユースてつがくカフェ(東北学院大学文学部)
  
池田成一  てつがくカフェ@いわて
        岩手大学人文社会科学部 教授

奥山心一朗 てつがくカフェ@やまがた
        cherry music

てつがくカフェ@ふくしま

【関東方面】
栗原直以
しばたはる(さくら)

■募集■
一緒に「哲学カフェ」のスタッフとして活動してくださる方を募集しています。
関心のある方は西村 mmp0861*gmail.comまでご連絡ください。
(その際、*を@に変更してください)

■〈3.11以降〉読書会「震災を読み解くために」始動!■
現在、震災を読み解くための読書会を準備しています。
名前は「〈3.11以降〉読書会『震災を読み解くために』」です。
みなさんと〈読みの力〉を共有したいと考えています。
興味のある方は、philcfsendaiaw@gmail.com(綿引)までご連絡ください。

■お知らせ:新聞掲載等■
毎日新聞(2016年3月7日朝刊)で「てつがくカフェ@せんだい×とうきょう」の活動を取り上げていただきました。
医学書院「かんかん! 看護師のためのwebマガジン」で、連載「震災を〈看る〉? 対話をとおして専門性をほぐす」を始めました。
河北新報(2013年1月15日夕刊)で「考えるテーブル てつがくカフェ」の活動を取り上げていただきました。
『すばる』(集英社)(2012年12月号)「ひと」のコーナーに取り上げていただきました。
「てつがくカフェ@せんだい」の活動が、日本経済新聞(2012年5月9日)31面「不屈の東北人」で紹介されました。
共同通信社による「てつがくカフェ@せんだい」の記事(「ルポ・日本新景『國分功一郎さんと行く哲学カフェ 言葉を紡ぐ被災地の営み』」)が、沖縄タイムス、熊本日日新聞、中国新聞、四国新聞、福島民報、東奥新聞、河北新報などに紹介されました。
「てつがくカフェ@せんだい」の活動が、毎日新聞朝刊(2012年2月7日)に紹介されました。
「てつがくカフェ@いわて」の活動が、岩手日報(2011年12月11日)27面(特集面)に掲載されました。
「てつがくカフェ@せんだい」「てつがくカフェ@ふくしま」の活動が、毎日新聞・東京夕刊(2011年11月24日)朝日新聞(2011年5月30日)「リビング仙台2010年11月20日号(終面特集)」「仙台市 市政だより2010年10月号」に掲載されました(少しですが)。

■お知らせ:『ミルフイユ 04』(赤々舎)に掲載されました■

 震災後に初めて開催した「第1回考えるテーブル てつがくカフェ」(テーマは「死者に〈ことば〉をあてがうということ」)の模様が、『ミルフイユ 04』に掲載されました。

『ミルフイユ 04 / Mill-feuille 04』(1,575円)
アートディレクション:中島雄太
企画/発行:せんだいメディアテーク
発売:赤々舎
詳細は赤々舎さんのHPをご覧ください。全国の書店でも購入できます。

■お知らせ: World Association for Medical Law にエッセイを掲載!■

 World Association for Medical Law の Newsletter_Volume4 に、震災以降のてつがくカフェ@せんだいの活動を紹介したエッセイを書きました。
タイトルは、“The Earthquake Disaster is Trying Us : Thinking About the Disaster, Within the Disaster”です。5-7頁をご覧ください。


■お知らせ:「てつがくカフェ@せんだい」開催決定!■

テーマ:セクシュアリティ・シリーズ 第二弾「笑い」について
日時:2018年4月28日(土曜日)13:30〜15:30
場所:仙台市民活動サポートセンター研修室 3
  (地下鉄南北線「広瀬通駅」西5番出口すぐ)
ファシリテータ:綿引周(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:調整中
対象:どなたでもご参加いただけます。
参加無料、申込不要、直接会場へ
問合せ:philcfsendaiaw*mail.com(綿引周)
   (その際、*を@に変更してください)
主催:てつがくカフェ@せんだい

《今回の問いかけ》
 昨年2016年の9月末、あるバラエティ番組で女装をした芸人が同性愛をネタにしてやりとりするシーンが放送され、問題となりました。
 しかしそもそもなぜ女装や同性愛をネタにすることによって笑いがとれる(ことになっている)のでしょうか、あるいは、 そもそも笑っていいことと悪いことは何が違うのでしょうか。
 今回のてつがくカフェでは、性と笑いに関して、こうした普段考える機会のない問いを持ち寄って、それらについて、 みんなで対話を通じて考えていきます。
綿引周(てつがくカフェ@せんだい)

■お知らせ:第65回「考えるテーブル てつがくカフェ」(終了しました)■

テーマ:『猿とモルターレ』映像記録から“継承”を考える
日時:2018年3月10日(土曜日)13:00〜17:45
場所:せんだいメディアテーク 1f オープンスクエア
ファシリテータ:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)
対象:どなたでもご参加いただけます。
参加無料、申込不要、直接会場へ
問合せ:0861*gmail.com(てつがくカフェ@せんだい 西村)
   (その際、*を@に変更してください)
主催:せんだいメディアテーク、てつがくカフェ@せんだい
助成:一般財団法人 地域創造

《今回の問いかけ》
  今回は、映像作品を観て思ったことを語り合う「シネマてつがくカフェ」です。
「3がつ11にちをわすれないためにセンター」が企画する展覧会「星空と路?資料室?」の関連企画として、 『猿とモルターレ』の映像記録を上映し、“継承”について考えます。
 震災という出来事から、私たちは何を・どのように継承していくのか?
2017年3月に茨木市市民総合センターで上演された『猿とモルターレ』は、東日本大震災の被災者ではない砂連尾理(じゃれお・おさむ)が、 当事者ではない立場で震災を表現した作品です。砂連尾が震災後に避難所生活する人びととの交流を通じて、 非常に困難な状況を経験した人びとの「命懸けの跳躍(=サルト・モルターレ)」を考察し、未来に向けて生きる私たちのサルト・モルターレ を模索したパフォーマンス作品である『猿とモルターレ』。
 今回は、その映像記録を鑑賞した経験から、「私たちは何を “継承”したのか」を対話を通して問うていきます。
  「猿とモルターレ」アーカイブ・プロジェクト
   西村高宏・近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)

■お知らせ:「書評カフェ」開催決定!■

扱う本:夜は終わらない(上下巻)/星野智幸著(講談社文庫)
日時:2018年4月29日(日曜日)15:00〜17:00
場所:カフェドギャルソン(仙台市青葉区国分町3-2-2 おいかわビル 2F)
評者:綿引周
対象:どなたでもご参加いただけます。
要予約。定員8名
予約・問合せ:cocomo098*yahoo.co.jp(三神まで)
(その際、*を@に変更してください)
主催:てつがくカフェ@せんだい

 評者からの案内
 セックスや結婚を餌に次々男を惑わし、財産を巻き上げ、証拠を残さず葬り去るのが玲緒奈の日常だ。 「私は男たちのちっぽけで惨めで悲しいファンタジーを実現してやっている。〔…〕だから私は、しかるべき代償を受け取って、 その男たちをかれらの人生の主人公にしてやっている」。 だが「男たちは一人で勝手に幻想に浸るだけで、すぐそばにいる私の欲望には気づかない」、 「私自身しか、私の物語を夢見させることはできないのか?それではあまりに寂しすぎる」。 だから玲於奈は殺す直前、男たちに物語を語らせる。そこで語られる男たちの物語を軸にして、この小説は進んでいきます。
 今回の書評カフェでは、現代の千夜一夜物語とも言われる星野智幸の『夜は終わらない』を取り上げます。 参加者には、入れ子状に重なる数々の物語のなかでもそれぞれがとくに気に入った物語を紹介してもらうところからはじめて、 作品について、対話をしながら理解を深めていきたいと思います。
(文責:綿引周)

■お知らせ:〈3.11以降〉読書会 再始動!■

 これまで「てつがくカフェ@せんだい」では、震災という〈出来事〉を対話のなかで語り直す場を拓いてきました。今後は、それらの対話のなかで見出された〈ことば〉や〈語り〉を、 震災を読み解くための「読書会」を開催することでさらに逞しくしていけたらと考えています。 〈読み〉の力を共有しませんか。皆様、是非ご参加ください。

課題本:森一郎『死を超えるもの  3・11以後の哲学の可能性』(東京大学出版会)
日時:調整中

場所:カフェ ド ギャルソン
   (宮城県仙台市青葉区国分町3-2-2 おいかわビル 2F)
問い合わせ先:E-mail philcfsendaiaw@gmail.com(綿引まで)
facebook:https://www.facebook.com/events/1188805147834755/
主催:てつがくカフェ@せんだい

◇この読書会について◇
 〈3.11以降〉読書会「震災を読み解くために」は、あるひとつの本を取り上げ、それを参加者みんなで一緒に読んでいくものです。 この読書会では、他の人々と共に読むということを最大限活かし、一つの本に対する人々の多様な「読み方」を大切にします。そうして参加者どうしが協力し合い、触発し合って、 〈震災〉という出来事を――それを直接に扱う「震災関連書」を一人で読むだけでは辿りつけないようなところまで――深く「読み解く」ことができるような場でありたいと願っています。